エビスドラッグTOP医薬品生薬・漢方薬 糖解錠
麻耶堂製薬

生薬エキス錠
糖解錠
血糖値の気になる方に、生薬エキスの治療薬

「糖解散」は、血糖値を下げる働きのある生薬を主成分とした糖尿病の治療薬。
体内の末梢及び肝臓における糖の利用を促進することにより、血糖値をコントロールします。
また、糖尿病に伴う諸症状(口の渇き、頻尿、多尿など)を素早く改善し、
合併症の予防にも効果があります。
気になる低血糖の副作用はありませんので、安心してお使いください。



糖尿病ってどんな病気?
「太った人がなりやすい」と思われがちな糖尿病には、大きく2つのタイプがあります。
1つは、小児や若年層に多いインスリン依存性の強い1型と、
2つ目は、生活習慣と遺伝的要因によって発病してくる2型です。
前者は急激に、後者は徐々に、どちらも血液中のブドウ糖(血糖)の非常に高くなってきます。

★尿検査だけでは診断できない糖尿病
糖尿病で尿に糖が漏れ出すのは、血糖値が、およそ170mg/dL以上になってから。
食後でも基準値140mg/dLを大きく超えないと尿に糖は出ないので早期診断には
血糖検査が必要です。糖尿病でなくても尿に糖が出ること(腎性尿糖)もありますから、
必ず医療機関で検査を受けましょう。

★糖尿病と診断されるまでの検査
糖尿病を診断する為には、次の3つの検査を行います。

1.空腹時血糖値
前日の夕食後、何も食べずに翌朝、血糖値を測ります。

2.ブドウ糖負荷試験2時間値
10時間以上絶食した状態で1度目の採血、次に75gのブドウ糖を飲み、
その2時間後に再び血糖値を測定します。

3.随時血糖値
食事の影響を考えず、血糖を測定します。


1と2の検査結果により、正常型・境界型・糖尿病型の3つに分類することができます。


★「境界型」の人は日常生活の見直しを
今までの生活を続けると、糖尿病になる危険の高い人の多くが、境界型と判定されます。
これまでの食事や、運動量などを見直し、発病を防ぐ努力をしましょう。
糖尿病生活の中で知っておきたい基準値・標準値の一覧(抜粋)


★血糖値

糖尿病と診断される血糖の値
1: 随時血糖値200mg/dl以上
2: 早朝空腹時血糖値126mg/dl以上
3: 75g糖負荷試験で2時間後の血糖値が200mg/dl以上
(「糖尿病治療ガイド2002-2003」日本糖尿病学会編、2002,14項より)

コントロールの評価
不可
空腹時の血糖値
(mg/dl)
100未満 100〜119 120〜139 140以上
食後2時間後の血糖値
(mg/dl)
120未満 120〜169 170〜199 200以上
(「糖尿病治療ガイド2002-2003」日本糖尿病学会編、2002,19項より)


★ヘモクロビンA1C



糖尿病と診断されるヘモグロビンA1C・・・・・6.5%以上

コントロールの評価
不可
ヘモクロビンA1C値
(%)
5.8未満 5.8〜6.4 6.5〜7.9 8.0以上
(「糖尿病治療ガイド2002-2003」日本糖尿病学会編、2002,19項より)
糖尿病生活の中で知っておきたい基準値・標準値、その他の資料一覧(抜粋)

★体重

BMI(BodyMassIndex、ボディマスインデックス)による肥満の判定

   BMI=体重(Kg)÷身長(m)÷身長(m)

例えば、身長160cm、体重60kgの人のBMは・・・・・・
160cmは1.6mなので60÷1.6÷1.6=23.4となります。
BMIの基準値は22.25以上は肥満、18.5以下は痩せ型と判定します。
※1: 世界保健機関(WHO)や日本肥満学会が用いている方法。
※2: BMI=22が長命であり、かつ病気になりにくい体重であるという報告が、日本と米国であります。

★標準体重

標準体重(kg)=身長(m)×身長(m)×22

例えば、身長165cmの人の標準体重は・・・・・
165cmは1.65mなので、1.65×1.65×22=59.895となり、約60kgとなります。
※1: 小児の場合、年齢、性、身長別標準体重を用います。計算式では求められないので、
   標準体重一覧表から求めます。
(「糖尿病治療ガイド2002-2003」日本糖尿病学会編、2002、19項より)
(「糖尿病治療の手引き改定新版」日本糖尿病学会編2001、21項より)

★血圧
収縮期血圧 130mmHg未満
拡張期血圧 85mmHg未満

★コレステロール
総コレステロール  200mg/dl未満
LDLコレステロール 120mg/dl未満
HDLコレステロール 40mg/以上
※1: LDLコレステロール・・・いわゆる「悪玉コレステロール」。肝臓で合成されたコレステロールを
各細胞に運びます。LDLコレステロールが多いと体内に余分なコレステロールが増え、
動脈硬化の原因になります。
※2: HDLコレステロール・・・いわゆる「善玉コレステロール」。体内の余分なコレステロールを
肝臓に戻す働きがあります。

★中性脂肪
早朝空腹時 150mg/dl未満

(「糖尿病治療ガイド2002-2003」日本糖尿病学会編、2002、19項より)

★体脂肪率
体脂肪率と肥満度の関係
判定 軽度肥満 中等度肥満 重度肥満
男性(全年齢) 20%以上 25%以上 30%以上
女性(6〜16歳) 25%以上 30%以上 35%以上
女性(15歳以上) 30%以上 35%以上 40%以上
(「肥満・肥満症の指導マニュアル<第2版>」日本肥満学会編集委員会編、医歯薬出版、2001、5項より)
血糖値は自宅で簡単に測定できます。
→血糖測定器(血糖値測定器)はこちらから←



容量/価格:170錠 
メーカー希望小売価格税込5,040円
 
容量/価格:370錠
メーカー希望小売価格税込10,080円
※当製品は使用上の注意を
  よく読んでお使いください。


糖解錠に関する
お問い合わせは下記にお願いします。
TEL078-929-0112(お客様相談室)
(土、日、祝日、弊社休業日を除く)
麻耶堂製薬株式会社

●使用上の注意●

1.次の人は服用前に医師、薬剤師にご相談ください。
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人
(3)下痢、むくみ、胃腸虚弱
(4)高齢者
(5)次の診断を受けた人
  高血圧、心臓病、腎臓病
2.次の場合は、直ちに服用を中止し、添付文書を持って医師または薬剤師に相談してください。
(1)服用後、次の症状があらわれた場合
関係部位 症状
消化器
悪心、食欲不振、胃部不快感、下痢
精神神経系 頭痛
腎臓 尿量減少
その他 高血圧、手のこわばり、まぶたが重くなる、手足のむくみ
(2)1ヶ月くらい服用しても症状が良くならない場合。
(3)長期連用する場合。
●効能・効果●
糖尿病



●用法・用量
次の量を食前または食間に服用して下さい。
(水またはお湯で、かまずに服用して下さい。)
年齢
1回量
1日服用回数
成人(15才以上)
3〜5錠
3〜5錠
14才以下
服用しないこと
定められた用法・用量を厳守してください。



●有効成分●
120錠中下記生薬より製したエキス35.0g含有
バクモンドウ 12.0mg カロコン 12.0mg
ニンジン 8.0mg ブクリョウ 12.0mg
カッコン 12.0mg ゴミシ 6.0mg
ジオウ 12.0mg カンゾウ 6.0mg
チモ 10.0mg タラ根 10.0mg
添加物として
ゼラチン、炭酸Ca、タルクを含有する。
(その他の添加物成分は、説明文書をご覧下さい。)




●使用上の注意●
1.服用に際しては、説明文書をよく読んでください。
2.直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に
 保管してください。
3.小児の手の届かない所に保管してください。
4.使用期限のすぎた商品は、服用しないでください。
5.他の容器に入れ替えないでください。
(誤用の原因になったり品質が変わることがあります。)
視覚障がい者のためのQRコードシール発行サービスを行います。


■糖解錠170錠
 税込 3,880
  購入数
送料別

JAN 4987210301119

お買い上げ金額が10,800円(税込)を超えれば
送料・代引き手数料が無料に!




■糖解錠370錠
 税込 6,980
  購入数
送料別

JAN 4987210301126

お買い上げ金額が10,800円(税込)を超えれば
送料・代引き手数料が無料に!




糖解錠は麻耶堂製薬株式会社の製品です。

◆ 当店へはじめてご来店の方は 初めての方へ をご覧ください。
    ◆ お支払方法・配送方法に関しては お買い物方法 をごらんください。
糖解錠のページTOPへ ▲  エビスドラッグHOMEへ